This Category : 小説

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界は密室でできている。―THE WORLD IS MADE OUT OF CLOSED ROOMS

2009.01.24 *Sat
世界は密室でできている。―THE WORLD IS MADE OUT OF CLOSED ROOMS (講談社文庫)世界は密室でできている。―THE WORLD IS MADE OUT OF CLOSED ROOMS (講談社文庫)
(2005/04)
舞城 王太郎

商品詳細を見る

ディスコ探偵水曜日を読んでからはまり始めた舞城作品。
世界は密室でできている。はどちからという初期の作品でしょう。
厚みはそれほどでもないので短時間で読めます。

ほとんどの作品で共通する突き抜けたキャラクター。
主人公がであうヒロイン?も常軌を逸した性格をしていますし、名探偵のルンババ12、その姉等々、個性豊かです。
彼らの行動を追っていくだけでも読み応えがあります。
題名に恥じない量で密室も起こります。
二つの要素が並び立っているという感じ。
ボーイミーツガールミステリという一文もどこかで目にしました。
ミステリというのは色々なジャンルと複合できる優れものだと、最近思います。

密室殺人それぞれの解決は結構アッサリと解明されていきます。
謎が明かされるとそんなもんかと思うかもしれません。
大仰なトリックを期待して読むと若干肩透かしかもしれませんが、トリックはあまり風呂敷を広げすぎると嘘くさくなるとも言えます。
主人公を初めとした登場人物の奇矯な行動も目立ちます。
面食らう読者もいるかもしれません。
そういう部分に好意的になれるかどうかで舞城作品への評価は分かれるのでしょう。
最初は戸惑っても次第に好きになっていく読者もいるでしょう。
自分はその一人でした。
こういう変化は自分には珍しいです。
つまり食わず嫌いも良くないし早計なのも良くないって事だと思っています。

黒猫の三角―Delta in the Darkness

2009.01.21 *Wed
黒猫の三角―Delta in the Darkness (講談社文庫)黒猫の三角―Delta in the Darkness (講談社文庫)
(2002/07)
森 博嗣

商品詳細を見る

この一冊から始まったVシリーズ。
S&Mシリーズに慣れていた頭ですが、それは「地球儀のスライス」において事前に漂白されています。
短編という形でほんの少しだけ触れた事で、新シリーズに対する期待は否が応でも高まっていました。
その期待はほとんど満たされたといって良いでしょう。
既に心は新しいシリーズの世界観に浸っています。

S&Mシリーズと比べると、Vシリーズはキャラクターの個性が強い作品になっていると思います。
個人的には小鳥遊練無が強烈です。
短編の主役だったこともあるかもしれませんが、それを勘案してもなかなか個性的なキャラです。
メインと思しき登場人物は四人ですが、その中でも(色々な意味で)一番親しみがもてるのは香具山紫子ではないでしょうか。
その他の三人は、人格や身の上などのあらゆる意味で浮世離れしています。
そこがまた魅力的です。

ミステリとしても意外性という意味でとても楽しめました。
これについて触れると展開の想像が少なからず可能になってしまうのですが、まあ触れます。
ラストの展開は想定していなかったため、読みながらもそれが信じられず、まだどんでん返しがあると信じて読んでいた自分です。
解説にある通りの状況だった事になります。
このラストの種明かしは賛否両論があるのかもしれませんが、評価が分かれるという事は、それだけで価値があるとも言えます。
少なくとも自分は好意的に感じました。

漫画化もしている本作。
このストーリーを視覚的にはどのように描いているのか、興味のあるところです。

探偵伯爵と僕―His name is Earl

2009.01.19 *Mon
探偵伯爵と僕―His name is Earl (講談社文庫)探偵伯爵と僕―His name is Earl (講談社文庫)
(2008/11/14)
森 博嗣

商品詳細を見る

森氏最新の文庫化作品。
同氏によるシリーズもの以外の作品を読んだのは久しぶりでした。
表紙が綺麗です。

これはミステリとして読むよりも、主人公である僕の感性の鋭さを楽しむ本といった感じ。
大人が常識とするようなものがどんなものか。
子どもの視線を使ってそれを批判的に指摘していきます。
それが的を射ていて(少なくとも自分は共感した)納得させられます。
でも、やっぱりミステリであるところが森作品らしいです。

今回の解説はアンガールズの田中卓志さん。
芸人にさん付けって不思議な感覚ですが、これって改めて考えると失礼な感覚です(笑。
解説というより感想という印象が否めませんが、それもありなんでしょうか。
とても率直なのは間違いありません。

マリア様がみてる―ハローグッバイ

2009.01.17 *Sat
マリア様がみてる―ハローグッバイ (コバルト文庫)マリア様がみてる―ハローグッバイ (コバルト文庫)
(2008/12/26)
今野 緒雪

商品詳細を見る

全34巻(イラスト集などを含めて36巻)にわたって続いたマリア様がみてる。
この34巻目で祥子様たち現3年生は卒業。
これで祐巳・祥子編が完結です。
あとがきによると、その連載期間はなんと十年八ヶ月にも及びます。
なんと息の長い作品でしょうか。
個人的にもマリみてほど長期間追い続けた作品は珍しいです。
えっと、およそ6年間といったところですね。
ここまで読み続けられた作品はおそらくありません。

最近では知らない内に発売された新刊を買って読むスタイルに落ち着いていました。
それもこれからは当分お預けです。
あるのが当然のモノがなくなるのは寂しくもあります。
祐巳・祥子編が終わってもマリア様がみてる自体は終わらないようですが、それでも大きな区切りになったのは間違いありません。
次からはどんな形のマリア様がみてるがお目見えするかは未知数です。
小説の形を取るとは限らないのかも。

良い作品にはきちんと終わりがあるものです。
だらだら続くとマンネリに陥りやすいですし。
だからマリア様がみてるも終わるべくして終わりを迎えるのでしょう。
でも、やはり思ってしまいます。
ああ、終わっちゃったなあ…………と。

お嬢様とお呼び!

2009.01.12 *Mon
お嬢さまとお呼び!お嬢さまとお呼び!
(2008/03/12)
森 奈津子

商品詳細を見る

「あなたのネタは五年早い。または十年早い。あるいは十五年早い」
あとがきの一文です。
まさにこのままズバリ。
内容を読めば大抵の人は納得させられるでしょう。

ヒロインの綾小路麗花は、現代風に言えばツンデレ。
縦ロールがポイントのお嬢様です。
取り巻きとしては、
岡野拓人…………お人よし美青年
佐伯…………眼鏡を取ったら美人キャラ
杉本晴信…………(おそらく)真正BL
とまあ、全員を取り上げるのは大変なのでこれぐらいで。
このセンスはほとんど現在で通用すると言って良いでしょう。
にもかかわらず、これが描かれたのは1990年ごろ。
なんとバブル期です。
その頃はもちろんツンデレなどという言葉はなかったでしょう。
オタクという言葉が(非好意的な意味で)世間の認知を得始めたのが丁度この時期でしょうか。
その時すでにこのキャラクター達を作り上げて小説を書いてしまった訳です。
時代の先取りも此処に極まれり。
ちょっと先取りしすぎです(笑。

そして18年近く前の作品の復刻版がこれにあたります。
18年経って時代が作者のセンスに追いついたってこと?
当時から一定層のファンを持っていたシリーズらしく、その力が偉大だったのかもしれません。
なんにせよ、こっちはその恩恵を(思いがけず)受けられたのですから、恵まれています。
この復刻版で新世代のファンが増えるのかもしれないシリーズ。
要チェックやで。

プロフィール

ちょんぺー

Author:ちょんぺー
都内の社会人。
ツイッターはこっち
pixivはこっち

リンクフリー。相互リンクも喜んで受け付けます。
相互リンク詳細
その際はコメント欄にご一報ください。
TBとコメもご自由にどうぞ!可能な限りお返ししますので。
(内容が不適切と判断したものは、予告なく削除いたしますのでご了承ください)



カウンター



月別アーカイブ



カテゴリー



検索フォーム



検索

Google



相互リンク



最近のコメント



最近のトラックバック



アクセス解析



Copyright © サブカル日和vol.2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。