スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦闘美少女の精神分析

2008.03.23 *Sun
戦闘美少女の精神分析 (ちくま文庫)戦闘美少女の精神分析 (ちくま文庫)
(2006/05)
斎藤 環

商品詳細を見る
こんな本を読みました。
東氏の本から辿って知った評論です。

著者は臨床精神科医らしく、精神分析の見地による評論になっています。
なので精神分析に関する相応の知識がないと、充分な理解はできなそう。
かくいう自分もにわか興味で読んだので、五割理解できたかどうかという所。

それを踏まえて感想を述べるなら、納得できるところとできないところが半々でした、と纏めたい。
日本的空間では「虚構」が「仮想現実」ではなく自律したリアリティを持つ、というのは納得。
一方、女性がヒステリー症状(可視的な物と不可視的な物のギャップと理解しました)
を通してこそ愛される存在で、キャラの戦闘はその対極のもの。
「外傷性の排除」らしい。

専門的なので判りづらかった部分ですが、いまいち腑に落ちなかったところでもあります。
フロイトの精神分析が関わると、どうしてもセクシュアルな話に収斂していきますね。
一部分は言い得ているとしても、それだけではないと思います。
根拠は感覚的なものですけどね。
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

ちょんぺー

Author:ちょんぺー
都内の社会人。
ツイッターはこっち
pixivはこっち

リンクフリー。相互リンクも喜んで受け付けます。
相互リンク詳細
その際はコメント欄にご一報ください。
TBとコメもご自由にどうぞ!可能な限りお返ししますので。
(内容が不適切と判断したものは、予告なく削除いたしますのでご了承ください)



カウンター



月別アーカイブ



カテゴリー



検索フォーム



検索

Google



相互リンク



最近のコメント



最近のトラックバック



アクセス解析



Copyright © サブカル日和vol.2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。