スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリア様がみてる 4thシーズン 第5話「紅薔薇のため息」

2009.02.02 *Mon
期末試験が迫ってきていた頃の薔薇の館で憂鬱そうに勉強をする由乃は、テスト終了後に自分へのごほうびを設定することでモチベーションを維持する方法を乃梨子から伝授されます。
そのまま話は祐巳に振られ、ごほうびとして出かけるなら何処が良いかと考えようとする祐巳ですが、その答えを出したのは祥子様です。
祥子様のお誘いで、祐巳は遊園地に行く事に。
デートです。

二人きりのデートで浮かれながら遊園地のゲートに着くと、そこには何故か柏木と祐麒の姿がありました。
いきなりデートに水を注されて不機嫌になる二人ですが、柏木は何か考えがあるようです。攻められても飄々としていてまるで動じていません。(ちなみい祐麒は柏木にラチられただけ)

柏木には祥子様がらみで何か理由があるのだろうと、それは祐巳にもわかっています。
二人を気にして楽しめないのではつまらないので遊園地を楽しむことに専念する祐巳と祥子様。
当分の間はデートを楽しめていましたが、途中で祥子様が突然座り込んで辛そうな様子を見せます。
動揺する祐巳を制するように柏木と祐麒が現れて祥子様を誘導して休ませます。
少し休んで回復しましたが、大事を取って今回はこれで帰ることにしました。

人ごみが苦手な祥子様は幼い頃から人の多い場所で貧血のような立ちくらみを起こしてダウンする事がしばしばあったようで、柏木が黙って付いて来たのはいわば保険。
それでも柏木がデートを止めなかったのは祥子様が本当に嬉しそうにしていたから。
祐巳は祥子様について自分より知っていて自分にはできないことを平然とこなしてしまう柏木に嫉妬している自覚がありました。
そこまで祥子様を好きな柏木が結婚をしようとしないのを不可解に思いますが、柏木の祥子様に対する好きの感情はそういうものではないのだというのです。
柏木には「祐巳ちゃんは自分を相手にするよりももっと上のステージを目指さなくちゃ」とそう言われてしまうのです。

医者に診て貰って自室に横になっている祥子様に会いに行った祐巳は、自分が感じていた嫉妬の感情を素直に打ち明けます。
柏木にできることと祐巳にしかできないことは違うのであって今祥子様が隣にいて欲しいのは祐巳なのだと、そんな祥子様の気持ちを言葉にしてもらった祐巳。
見舞いの立場があべこべになってしまったみたいでした。


えー、今回は「薔薇のミルフィーユ」収録の紅薔薇姉妹ストーリでした。
原作収録の「黄薔薇パニック」「白薔薇の物思い」はばっさりカット。
スケジュールの都合で仕方ないのかもしれませんが、それにしても由乃さんと志摩子さんが憐れです。
前々からマリみてのアニメはあわただしくストーリーが消化されていく印象がありましたが、今期は特にそれが顕著です。
瞳子とのスール問題を解決まで持って行きたいから急いでいるのでしょうか。
そもそもその目標設定には無理がある気がします。(実際に原作の何処まで進むのかは不明ですが)
作画の乱れもかなりひどくなってきていますし、不満ばかりが湧いて出てきています。
自分の中のハードルが高いせいでしょうか?
他に高いクオリティのアニメ作品が多いからかもしれません。
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

ちょんぺー

Author:ちょんぺー
都内の社会人。
ツイッターはこっち
pixivはこっち

リンクフリー。相互リンクも喜んで受け付けます。
相互リンク詳細
その際はコメント欄にご一報ください。
TBとコメもご自由にどうぞ!可能な限りお返ししますので。
(内容が不適切と判断したものは、予告なく削除いたしますのでご了承ください)



カウンター



月別アーカイブ



カテゴリー



検索フォーム



検索

Google



相互リンク



最近のコメント



最近のトラックバック



アクセス解析



Copyright © サブカル日和vol.2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。