スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の一冊

2008.12.31 *Wed
今日は大晦日なので、多少はそれらしい記事にしてみようと思います。
今年一番思い出深い一冊を挙げるとしたら何だろう?という思い付きの下、「今年の一冊」を挙げてみたいと思いました。
考えた結果…

すべてがFになる

に決定です。
わりとすんなり決まりました。
ミステリだということを意識して読み始めた最初の一冊です。
ここから森博嗣ワールドにはまっていきました。
ミステリ自体に興味を持った切っ掛けは乙一著「GOTH」だったんですが、確かこれは去年に読んだ本。
二者から選ぶとなったら迷ったところでしょう。

森博嗣氏の影響を受けている作家さんは多いはずです。(ミステリ分野なら特に)
色々な良書を読めるのは同氏のおかげという場合もあるでしょう。
そう考えると途方も無い感覚になります。
そんな意味でも印象深い一冊です。

それにしても「すべてがFになる」を読んだのは大分前だった気がしていましたが、年内の話だったことに改めて驚き。
一年は案外長いのかも知れません。
スポンサーサイト
| 小説 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

ちょんぺー

Author:ちょんぺー
都内の社会人。
ツイッターはこっち
pixivはこっち

リンクフリー。相互リンクも喜んで受け付けます。
相互リンク詳細
その際はコメント欄にご一報ください。
TBとコメもご自由にどうぞ!可能な限りお返ししますので。
(内容が不適切と判断したものは、予告なく削除いたしますのでご了承ください)



カウンター



月別アーカイブ



カテゴリー



検索フォーム



検索

Google



相互リンク



最近のコメント



最近のトラックバック



アクセス解析



Copyright © サブカル日和vol.2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。