スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喰霊 -零- 第8話「復讐行方-ふくしゅうゆくへ-」

2008.11.24 *Mon
最愛の父を失った悲しみにくれる黄泉。
しかし周囲は、そんな感情に浸る余裕すら与えてくれません。
分家の頭首が集まった通夜(あるいは葬式)の席。
幽は奈落の遺言に従って自分が頭首を継ぎ、実質的には冥が実務を行うことになると宣言します。
遺言うんぬんは明らかに虚言っぽいですが、奈落がいないことをいい事に、幽はやりたい放題。
寝耳に水の黄泉は食って掛かりますが、幽は反対に黄泉の素行を槍玉に挙げて黙らせてしまいます。
これは飯綱家の頭首にとっても聞いていない話です。
幽との話は不穏な雰囲気になり、黄泉と紀之の縁談の存続は危険な様子です。
WS002290.jpgWS002289.jpgWS002292.jpgWS002293.jpgWS002294.jpgWS002296.jpg
さらに追い討ちをかけるような事態が。
幽とともに本家に住まいを移す算段の冥は、黄泉の部屋に加えて王刀・獅子王までも要求してきます。
苦い思いにとらわれながらも、黄泉は素直に獅子王を渡します。
その上、神楽も諌山家を追い出されることになってしまいます。
WS002303.jpgWS002305.jpgWS002306.jpg
獅子王を手に入れた冥。
喜びに震えていた冥ですが、急に様子がおかしくなります。
雨の中を走っていった先で、体に傷が復活して血を噴出す異常事態。
そして現れたのが例の白髪の少年です。
少年の暗示にかかるかのようにして、冥の体に殺生石が取り込まれていきます。
WS002311.jpgWS002315.jpgWS002316.jpg
その頃の黄泉と神楽。
別れを惜しむようにしつつも、今の黄泉には神楽が唯一のよりどころです。
WS002318.jpgWS002320.jpgWS002321.jpg
対策室では特異点とそれに伴う怨霊の出現を観測していました。
新たな装備を携えて現場に向かう処理班。
そんな彼らを阻んだのは怨霊ではなく、防衛省の対策班です。
WS002326.jpgWS002327.jpgWS002328.jpg
処理班が縦割りの弊害をこうむっている一方で、黄泉は単独で特異点を追っています。
その手には神楽のマイケル(以下略。
神楽は眠ったままにして置いてきています。
黄泉の行く先に待っていたのは、乱紅蓮を伴った冥。
攻撃を仕掛けてくる冥。
乱紅蓮の攻撃を避けつつ、黄泉は地下遺跡(?)へと逃げ込みます。
WS002330.jpgWS002332.jpgWS002333.jpg
黄泉は狭い空間を利用して冥の腕を切り落とす事に成功。
しかし冥の腕は一瞬にして再生します。(ピッコロさんかっ!)
殺生石により負の感情をさらけ出した冥が黄泉を襲います。
WS002334.jpgWS002335.jpgWS002337.jpgWS002341.jpgWS002342.jpgWS002343.jpg
冥の酷薄な告白で、父・奈落殺害の張本人を知った黄泉。
怒りと悲しみに声を上げる黄泉を追い詰める冥ですが、唐突に血を噴出し始めます。
殺生石に拒絶されたのか、あるいは限界が来たのか。
その隙を黄泉が見逃すわけもなく、形勢は逆転。
とたんに正気に戻ったような振る舞いに還る冥は命乞いをします。
しかし黄泉は怒声と共に両手を振り下ろします。
WS002344.jpgWS002345.jpgWS002347.jpgWS002351.jpgWS002353.jpgWS002354.jpg
冥を討った後。
再び現れた謎の少年。
殺生石を操り人の心の奥底の感情を浮かび上がらせる彼の、次なる標的は黄泉。
黄泉は一瞬のうちに倒されてしまいました。
WS002355.jpgWS002357.jpgWS002359.jpg


奈落の死によって、一転して虐げられ続ける黄泉。
見ていてやるせなくて仕方ありません。
幽の役どころの嫌味っぷりったもう…………。
昼ドラみたいな醜い争いが非常に堪えます。
省庁の縄張り争いもそうですが、不毛な対立関係が随所で顕在化してきました。
そして暗い展開に拍車をかけるようにして黄泉が死亡。
かなりあっけなく殺されてしまったので、その意味で意表を突かれました。
そして殺生石で復活させられる、と。
ああ、負の展開が目に浮かんでくる…………。

それにしても今回は作画が荒れていました。
位置づけとしては転換期の大事な回のはずなんですが、よりによってこのタイミングで崩れなくても良いだろうに。
それがどうにも残念でした。
http://app.blog.livedoor.jp/koubow20053/tb.cgi/51149506
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

喰霊-零- 1(限定版) それはいつか見た光景だった・・・大切な人を失った悲しみに暮れ、自らに降りかかる運命に怯え、なすすべもなく泣くことしか出来ず・・・そこにいるのは三年前の私だった・・・。
2008/11/25(火) 20:12:17 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 [Del

プロフィール

ちょんぺー

Author:ちょんぺー
都内の社会人。
ツイッターはこっち
pixivはこっち

リンクフリー。相互リンクも喜んで受け付けます。
相互リンク詳細
その際はコメント欄にご一報ください。
TBとコメもご自由にどうぞ!可能な限りお返ししますので。
(内容が不適切と判断したものは、予告なく削除いたしますのでご了承ください)



カウンター



月別アーカイブ



カテゴリー



検索フォーム



検索

Google



相互リンク



最近のコメント



最近のトラックバック



アクセス解析



Copyright © サブカル日和vol.2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。