スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魍魎の匣 第4話「火車の事」

2008.10.29 *Wed
情報量が怒涛のように降って来るので、ついていくのが大変です。
色々忘れているせいかもしれませんが、原作を知らない人はついていけているのでしょうか?

予告通りに誘拐されてしまった加奈子。
不可解としか思えない状況での加奈子の消失に、人々は困惑します。
そこに追い討ちをかけるように、美馬坂の助手である須崎が焼却炉前で殺されているのが発見された。
こうして加奈子失踪事件は混迷の様相を呈していく。

その頃、同時平行で武蔵野バラバラ殺人事件が起こっていた。
第二の発見以降では、発見された部位は箱に詰められている。
世間では火車の仕業かのように噂をされていた。
バラバラ殺人の影に見え隠れするのは、手袋を嵌めた男。
それは加奈子の事件で頼子が目撃したと証言する男と似通っている。
これが、加奈子失踪事件と武蔵野バラバラ殺人事件を結びつける結節点?

謹慎処分を受けている木場は、美波絹子の過去を調べていた。
それにより絹子が芸能界を引退したのはマネージャーとの関係によるものではなく、他の男の存在が関係しているらしい事がわかる。
パッとしないマネージャーは、あるいは雨宮だったのではという想像もされるが…………。

加奈子が失踪して困る一人が、増岡である。
その増岡の姿は、薔薇十字探偵社の前にあった。


一話の中でかなりの情報が流れて行っていることがわかります。
アニメで一回見ただけだと、背後の複雑な関係性が理解できないと思われます。
少なくとも自分には無理です。
このアニメは期待より不安の方が大きいですねえ。
というか、京極堂はいつ出てくるんだ!?
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

ちょんぺー

Author:ちょんぺー
都内の社会人。
ツイッターはこっち
pixivはこっち

リンクフリー。相互リンクも喜んで受け付けます。
相互リンク詳細
その際はコメント欄にご一報ください。
TBとコメもご自由にどうぞ!可能な限りお返ししますので。
(内容が不適切と判断したものは、予告なく削除いたしますのでご了承ください)



カウンター



月別アーカイブ



カテゴリー



検索フォーム



検索

Google



相互リンク



最近のコメント



最近のトラックバック



アクセス解析



Copyright © サブカル日和vol.2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。