スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魍魎の匣 第3話「羽化登仙の事」

2008.10.22 *Wed
事故の現場に居合わせたことで、本来は管轄外の事件に首を突っ込むようになった木場。
重態の加菜子は謎の研究所で治療を受けています。
研究所はあたかも箱のような造形で不気味。
世間では、入ったら二度と出られない箱だと恐れられています。

木場はこの事件に関わった事で、自分の中に何かが満たされていくのを感じています。
まるで空っぽの箱が満たされていくように。
それは美波絹子の存在ゆえであり、それに木場自身も気づいているようです。

その絹子の下に加菜子誘拐の脅迫状が届き、警備はさらに強化されていきます。
現場の刑事には疎まれますが、そこは気の強い木場の事、動じません。

頼子はというと、母との不和が極限にまで達していました。
あれ以来母はおかしくなっていきます。
とうとう御箱様なる怪しげな修験道風の男まで家にやっていきて、魍魎がはびこっているとわめき散らし、怪しげな挙動を見せます。
みんなおかしくなっていく中、頼子は逃げ出し、謎の手袋男とすれ違いました。
それで何かを悟った頼子。

頼子は派出所を訪ねて研究所まで連れてこられ、事件当時の証言を始めました。
加菜子はいきなり現れた謎の男に突き落とされた。
その男は手袋をしていた…………と。

頼子は加菜子と面会を果たします。
一時の面会の後、二人の医者が検診に。
次の瞬間には加菜子の姿は跡形も在りませんでした。


謎が重なり合っていく第三話。
見ているうちに原作の細部を少しずつ思い出していきます。
色々忘れている事を突きつけられ、多少落ち込んだり(笑。
きめ細かいミステリの映像化って困難を極めるんだなあ、と感じるこのごろ。
http://app.blog.livedoor.jp/koubow20053/tb.cgi/51125463
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

魍魎の匣 1 (1) (怪COMIC) 加菜子を転院させる準備が始まる中、陽子ら3人の話を聞いた木場は、増岡が弁護士で、この事件に誰かの遺産相続が絡んでいる、とにらんだ。やがて、加菜子を乗せた救急車と木場らが乗った福本のジープが出発。2台の車は、木々の中に浮かび上...
2008/10/25(土) 23:26:16 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 [Del

プロフィール

ちょんぺー

Author:ちょんぺー
都内の社会人。
ツイッターはこっち
pixivはこっち

リンクフリー。相互リンクも喜んで受け付けます。
相互リンク詳細
その際はコメント欄にご一報ください。
TBとコメもご自由にどうぞ!可能な限りお返ししますので。
(内容が不適切と判断したものは、予告なく削除いたしますのでご了承ください)



カウンター



月別アーカイブ



カテゴリー



検索フォーム



検索

Google



相互リンク



最近のコメント



最近のトラックバック



アクセス解析



Copyright © サブカル日和vol.2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。