スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刀語 第十話 誠刀・銓

2008.10.20 *Mon
刀語 (第10話) (講談社BOX)刀語 (第10話) (講談社BOX)
(2007/10)
西尾 維新

商品詳細を見る

将棋村で王刀・鋸を蒐集したとがめと七花。
即座に否定姫から誠刀・銓の情報をもたらされ、奥州に向かいます。
否定姫の真意を疑いつつも、二人は向かわざるを得ません。
奥州――百刑場。
図らずも、自分の故郷に来る事になったとがめは内心穏やかではありません。
そこには仙人である彼我木輪廻が。

その頃、否定姫は誠刀の情報を出した際の七花の違和感が気にかかっていました。
とりあえずとの思いで、右衛門左衛門に七花と百刑場、あるいはとがめと百刑場の関係を調べさせる事にしました。
つまり、とがめの過去があばかれるピーンチ!

彼我木輪廻は相手の苦手意識を姿と性格に投影する存在でした。
外見には七花の苦手意識が。
中身にはとがめの苦手意識が反映されます。
そして誠刀の存在とその特性。
必然、登場人物の内面とその克服を扱う話になっていました。

そして巻末には傷を負った人鳥が。

いよいよ物語りも佳境。
虚刀流の真相の一旦も暴かれ始め、とがめの記憶も復活し始めます。
飛騨鷹比等の言う、間違った歴史とは何なのか。
山場はきちんと用意されているようです。
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

ちょんぺー

Author:ちょんぺー
都内の社会人。
ツイッターはこっち
pixivはこっち

リンクフリー。相互リンクも喜んで受け付けます。
相互リンク詳細
その際はコメント欄にご一報ください。
TBとコメもご自由にどうぞ!可能な限りお返ししますので。
(内容が不適切と判断したものは、予告なく削除いたしますのでご了承ください)



カウンター



月別アーカイブ



カテゴリー



検索フォーム



検索

Google



相互リンク



最近のコメント



最近のトラックバック



アクセス解析



Copyright © サブカル日和vol.2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。