スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喰霊-零- 第2話「憎発露―にくしみのはつろ―」

2008.10.13 *Mon
第一話から衝撃的展開だった喰霊-零-。
第二話の冒頭では、前回除霊したはずのカテゴリBが復活しています。

復活したカテゴリBの対応に向かうのは環境省超自然災害対策室です。
それぞれ珍しい武器や能力?を使って戦うようです。
WS000846.jpgWS000847.jpgWS000848.jpg
WS000851.jpgWS000852.jpgWS000853.jpg
首都高速から落とされたカテゴリBを待っていたのは帯刀した少女。
ポッキー食ってますが。
神楽と呼ばれているので、原作のヒロインはこっち?
前回でてきた少女と勘違いしていたようです。
神楽は一刀の下にカテゴリBを両断しました。
WS000854.jpgWS000856.jpgWS000857.jpg
場所は変わって防衛省の会議室。
状況の報告がおこなわれます。視聴者に優しいですね。
要約すると防衛省超自然災害対策本部が事実上壊滅となります。
そこにあらわれたのが環境省超自然災害対策室(ああ、長い!)の室長。
情報の開示を請求します。
WS000894.jpgWS000858.jpgWS000859.jpg
現場では防衛省の隊員の死体が魍魎に乗っ取られます。
さながらバイオハザードのような状況に。
対応する対策室のメンバーの前に現れたのが前回出てきた少女。
実は彼女、失踪していた環境省の仲間だった黄泉でした。
神楽と紀之が黄泉を追って地下に入ります。
WS000862.jpgWS000864.jpgWS000866.jpg
WS000867.jpgWS000868.jpgWS000869.jpg
地下での探索。
途中で二手に分かれます。
神楽の行く先には黄泉が。
問答無用で襲ってくる黄泉に、神楽は戸惑いつつもしっかり対応。
戦闘中で、自らの鞘に相手の刀を納めるってどんな芸当ですか。
しかし非情に徹しきれない神楽。
切りあった末に、配管を傷つけてガスを噴出させ、爆破させます。
WS000871.jpgWS000874.jpgWS000875.jpgWS000876.jpgWS000877.jpgWS000878.jpgWS000879.jpgWS000881.jpgWS000882.jpgWS000883.jpgWS000889.jpgWS000890.jpg
地上に出てきた神楽を待っていたのは、無傷の黄泉でした。
鵺を呼び出し神楽を拘束します。
黄泉を「お姉ちゃん」と呼ぶ神楽。
それを拒否する黄泉。
そして殺戟の音とともにフェードアウト。
WS000891.jpgWS000892.jpgWS000893.jpg


第二話でさらにシリアスで複雑な展開になってきました。
環境省の対策室の双子はなんと若本さん!
テンションあがったーー。
それにしても、特戦四課ってもしかして噛ませ犬ですか!?
大いにありえそうです。
第一話に引き続き、相変わらず戦闘が格好良いアニメです。
神楽と黄泉による刀のアクションは必見です。
第二話でも前回のクオリティが維持されていたのには御見それしました。
来週が待ち遠しい!
http://app.blog.livedoor.jp/koubow20053/tb.cgi/51112788
http://app.blog.livedoor.jp/puzzlize/tb.cgi/51399767
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

喰霊(がれい)―The Enchained Spiritual Beast (3) (角川コミックス・エース (KCA160-3)) 防衛省の超自然災害対策室本部は全滅した・・・。街に続々と現れる悪霊達。だがそこに環境省の超自然災害対策室のメンバーが駆けつける・・・。
2008/10/14(火) 01:43:25 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 [Del
第1話がまさかの全滅エンドで、これがあるいは最終回かと思ったら普通に続いて驚きました。 こうなると、あの主人公達は実はメインではなく、この第2話の環境省チームが主人公ということで良いんですかね。 一応原作メンバー含むらしいですし。 でも、その環境省チ...
2008/10/16(木) 20:45:29 | パズライズ日記 [Del

プロフィール

ちょんぺー

Author:ちょんぺー
都内の社会人。
ツイッターはこっち
pixivはこっち

リンクフリー。相互リンクも喜んで受け付けます。
相互リンク詳細
その際はコメント欄にご一報ください。
TBとコメもご自由にどうぞ!可能な限りお返ししますので。
(内容が不適切と判断したものは、予告なく削除いたしますのでご了承ください)



カウンター



月別アーカイブ



カテゴリー



検索フォーム



検索

Google



相互リンク



最近のコメント



最近のトラックバック



アクセス解析



Copyright © サブカル日和vol.2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。