スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刀語 第九話 王刀・鋸

2008.10.11 *Sat
刀語 第9話 (9) (講談社BOX)刀語 第9話 (9) (講談社BOX)
(2007/09)
西尾 維新

商品詳細を見る

前回で微刀を蒐集し、今回はこのまま出羽の天童に赴きます。
将棋が盛んな地である天童。
王刀・鋸を所有していたのは心王一鞘流の汽口慚愧です。
名前ではわからないですが、女性です。
今や一人しかいない流派の継承者です。

今までの相手と違い、違和感が在るほど実直で誠実な人柄です。
それも王刀による毒抜きの成果なのかもしれません。
汽口はその性格から七花が徒手空拳なのを認めません。
しかし七花は絶望的なほど剣を扱う才能がなく。
あっけなくやられてしまいました。

虚刀流を封じられた?七花。
この状況をとがめはどうやって打破するのか。
そんな感じの話でした。

第九話は全体を通しても切迫した感じはありません。
ちょっとした緩衝材の役をしている回なのかも。
汽口のデザインが神がかっているという西尾氏の評価には同意です。
あれは中身と外見がベストマッチしている。
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

ちょんぺー

Author:ちょんぺー
都内の社会人。
ツイッターはこっち
pixivはこっち

リンクフリー。相互リンクも喜んで受け付けます。
相互リンク詳細
その際はコメント欄にご一報ください。
TBとコメもご自由にどうぞ!可能な限りお返ししますので。
(内容が不適切と判断したものは、予告なく削除いたしますのでご了承ください)



カウンター



月別アーカイブ



カテゴリー



検索フォーム



検索

Google



相互リンク



最近のコメント



最近のトラックバック



アクセス解析



Copyright © サブカル日和vol.2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。