スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻惑の死と使途―ILLUSION ACTS LIKE MAGIC

2008.09.24 *Wed
幻惑の死と使途―ILLUSION ACTS LIKE MAGIC (講談社文庫)幻惑の死と使途―ILLUSION ACTS LIKE MAGIC (講談社文庫)
(2000/11)
森 博嗣

商品詳細を見る
S&Mシリーズの六冊目であり、折り返しの作品です。
読めばわかりますが、この巻には偶数章が存在しません。
それにはもちろん理由があり、注釈の形で理由には触れられていますが、7巻を読めばさらに完璧に判る様になっています。

今回はイリュージョンがモチーフになっています。
イリュージョンの中で行われる殺人。
イリュージョンのように行われる犯罪。
非常に雰囲気が出ています。
文庫版の解説はかの引田天功ですが、彼女もそのリアリティは評価しているほどです。
森ミステリィの雰囲気は存分に楽しめるはずです。

中身とは関係ないですが、驚いた事が一つ。
作中でwww(ワールドワイドウェブ)に触れる部分がありますが、そこでかなり先見の明がある記述に触れられました。
情報過多による情報の無意味化とか、Blogの登場の予見とか。
1997年刊行なので、たぶんBlogはまだ一般化していないはず。
こういったことで作者の知的レベルの高さを感じてしまいます。

それはともかく。
外れのないシリーズというのはすごいものです。
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

ちょんぺー

Author:ちょんぺー
都内の社会人。
ツイッターはこっち
pixivはこっち

リンクフリー。相互リンクも喜んで受け付けます。
相互リンク詳細
その際はコメント欄にご一報ください。
TBとコメもご自由にどうぞ!可能な限りお返ししますので。
(内容が不適切と判断したものは、予告なく削除いたしますのでご了承ください)



カウンター



月別アーカイブ



カテゴリー



検索フォーム



検索

Google



相互リンク



最近のコメント



最近のトラックバック



アクセス解析



Copyright © サブカル日和vol.2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。