スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひだまりスケッチ×365 第10話 6月8日『まーるニンジン』

2008.09.05 *Fri
朝からゆのの携帯に母からの電話がかかります。
その日の学校は午前中で終わると母に告げ、ゆのは学校に行きます。
学校では授業で粘土を使い立体製作。
靴をそっくりに作るコンセプトで。
ゆのは高校のローファーを作る事にします。
隣の二人は小学校の上履きをもってきたにもかかわらず、ゆのの靴よりサイズが大きく…………。
ゆのショック。
WS000357.jpgWS000358.jpgWS000359.jpg
宮古は誕生日に親に買ってもらったスケート靴をもってきますが、自分で立たないのであきらめます。
隣の男子に靴を借りますが、唐突に匂いを嗅ごうとします。
曰く「臭そうなものってつい嗅いでみたくなっちゃうんだよね」。
今度は男子がショック。

作業を進める途中でゆのは眠くなってきてしまったようです。
小人が手伝ってくれないかな、などと妄想します。
着色の段階に入ってウトウトし始めました。
その合間に宮古がいたずらしますが、あやまって絵の具を粘土にこぼします。
そして証拠隠滅。
ゆのは妄想が現実になったような錯覚を覚えました。
WS000361.jpgWS000362.jpg
WS000364.jpgWS000365.jpg

学校から帰ってきたゆのと宮古。
作った粘土作品を使い、咲英にいたずらをしたりします。
そんな事をしていると、ゆのの携帯にメールが。
なんと両親が横浜に出てきたついでに訪ねてきていました。
両親は年甲斐もなくメリーゴーランドに乗ったりしてはしゃいだらしく、「一緒じゃなくて良かった」というゆのの感想は至極妥当なところ。
WS000366.jpgWS000367.jpgWS000368.jpg
父はゆのの部屋で男性のモノらしき髪の毛を発見。
咲英の髪ですが、本人の見た目もボーイッシュなのでさらに勘違い。
勘違いが解けた後も双方緊張しているので、カチコチでした。
母親がきんぴらを作るために台所に立つと、ゆのと父親の空気は若干微妙に。
父と娘の微妙な気恥ずかしさってあるんでしょうね。
両親は帰り際に、家で見つけてきた昔の写真をおいていきました。
WS000371.jpgWS000372.jpgWS000369.jpg
WS000373.jpgWS000374.jpgWS000375.jpg
ゆのは母親のきんぴらをひだまり荘の住人と一緒に食べますが、何故かにんじんは輪切り。
ゆのは当然だと思っていたので、特異な切り方だと知ってショックだったようです。
こういう我が家ルールってありますね。
両親は、ゆのがいい人達に囲まれて生活していると知って一安心。
一人を除いて…………。
その一人は↓の人だったのでした。
WS000376.jpgWS000377.jpgWS000378.jpg
http://lapislazurirose.blog69.fc2.com/blog-entry-462.html
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

第10話 「6月8日 まーるニンジン」
2008/09/06(土) 11:08:11 | Shooting Stars☆ [Del

プロフィール

ちょんぺー

Author:ちょんぺー
都内の社会人。
ツイッターはこっち
pixivはこっち

リンクフリー。相互リンクも喜んで受け付けます。
相互リンク詳細
その際はコメント欄にご一報ください。
TBとコメもご自由にどうぞ!可能な限りお返ししますので。
(内容が不適切と判断したものは、予告なく削除いたしますのでご了承ください)



カウンター



月別アーカイブ



カテゴリー



検索フォーム



検索

Google



相互リンク



最近のコメント



最近のトラックバック



アクセス解析



Copyright © サブカル日和vol.2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。