スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN 21 『ラグナレク の 接続』

2008.08.31 *Sun

大混乱するエリア11。引き返せない、いや引き返さない。硬く悲壮なまでの決意の元、スザクは戦いに挑む!最強の部隊を相手に彼は勝利する事が出来るのか!?そしてルルーシュもまた…。人智超越した世界で明かされる驚天動地の事実と真実は!?

公式ページより

今回で話は急転直下。
物語は謎の核心に迫って行きます。

アーカーシャの剣の中で対峙するルルーシュとシャルル。
黄昏の扉の前で出会ったスザク、C.C.、アーニャ(の体に現れたマリアンヌの人格)。
ルルーシュは、何故母を見捨てたのかと問い詰めます。
そしてシャルルは真実を語り始めました。

シャルルとV.V.は帝位争いの苦しみの中で、世界を憎むようになっていた。
人は誰しもペルソナを纏って生きている。
だからこそ人は分かり合えず、世界には不幸が渦巻く。
そう考えたシャルルやV.V.、マリアンヌ、C.C.は集合的無意識=Cの世界=神を殺す事を誓った。
しかし、V.V.はシャルルとの契約を履行するためにはマリアンヌは邪魔だと判断。
マリアンヌを殺したのはV.V.だった。
その時マリアンヌの心を渡るギアスが発動し、アーニャの中に逃げた。
その事実を知ったC.C.は教団から離れた。
シャルルがルルーシュやナナリーを日本に送ったのは、V.V.の危険から遠ざけておくため。
アーニャとナナリーの記憶を書き換えたのは、二人の命を守るためだった。

真実を知ったルルーシュは驚愕しました。
シャルルとマリアンヌの計画とは、ラグナレクの接続を果たす事。
人の全てを集合的無意識と一つにしようとしていました。
それはありのままでいい世界。
そして今まさに、ラグナレクの接続が果たされようとします。

しかしルルーシュとスザクはそれを拒否しました。
人が嘘をつくのは何かを争うだけではなく、何かを求めるため。
ありのままでいい世界とは変化のない世界。
それは時が止まったのと同義である。
シャルルとマリアンヌの希望は、究極的には押し付けた善意。
結局ルルーシュとナナリーを捨てた事に変わりはなかったと切り捨てました。
シャルル達が望んでいるのは自分に優しい世界。
全ての人間のための世界ではないと考えたのです。

ルルーシュは集合的無意識にギアスをかける事で計画を破綻に追い込む事に成功しました。
シャルルとマリアンヌはCの世界に飲み込まれ、消えていきました。

その一ヵ月後。
ルルーシュはブリタニア皇帝に。
スザクはナイトオブゼロ、ルルーシュの騎士になっていました。
これからルルーシュとシュナイゼルの攻防に移っていく事が予感されました。

さて、一話丸々を要約したところ、膨大な分量になってしまいました。
この回で一気に伏線が回収された形ですね。
集合的無意識のくだりでは、エヴァの補完計画が思い起こされました。
エヴァで訓練されていたので、アーカーシャの接続による計画は理解しやすく思えました。
あらかたの謎も明るみになった今、シュナイゼルがどう動くかが楽しみです。
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

ちょんぺー

Author:ちょんぺー
都内の社会人。
ツイッターはこっち
pixivはこっち

リンクフリー。相互リンクも喜んで受け付けます。
相互リンク詳細
その際はコメント欄にご一報ください。
TBとコメもご自由にどうぞ!可能な限りお返ししますので。
(内容が不適切と判断したものは、予告なく削除いたしますのでご了承ください)



カウンター



月別アーカイブ



カテゴリー



検索フォーム



検索

Google



相互リンク



最近のコメント



最近のトラックバック



アクセス解析



Copyright © サブカル日和vol.2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。