スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館危機

2008.06.10 *Tue
図書館危機図書館危機
(2007/02)
有川 浩

商品詳細を見る
図書館戦争シリーズ第三弾「図書館危機」です。
第二弾の「図書館内乱」では王子様の正体も発覚したので、今後の展開が見物。

読む前はベタ甘路線になるのかな、などと思っていましたが違いました。
これが結構シリアスモードだったりします。
郁はこの巻の第一章で心の整理を済ませますから、
王子様の正体発覚のショックをずっと引っ張る事もありません。

山場は郁の地元、茨城での美術作品公開に先立つ対検閲抗争です。
最優秀作品が良化法糾弾作品だったため。

戦闘シーンが結構シリアスで生々しいものでした。
水戸図書隊の歪んだ内情も物語にリアリティを与えていましたし。
女子寮での派閥というか、ぶっちゃけ虐めがエグかったです。リアルで。
偏見かもしれませんが、女性の怖い側面を見せられた思いです。

最終巻も早く読みたいんですが、予約順がまだまだ回って来そうにないです。
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

ちょんぺー

Author:ちょんぺー
都内の社会人。
ツイッターはこっち
pixivはこっち

リンクフリー。相互リンクも喜んで受け付けます。
相互リンク詳細
その際はコメント欄にご一報ください。
TBとコメもご自由にどうぞ!可能な限りお返ししますので。
(内容が不適切と判断したものは、予告なく削除いたしますのでご了承ください)



カウンター



月別アーカイブ



カテゴリー



検索フォーム



検索

Google



相互リンク



最近のコメント



最近のトラックバック



アクセス解析



Copyright © サブカル日和vol.2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。