スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚無への供物(下)

2008.06.09 *Mon
虚無への供物〈下〉 (講談社文庫)虚無への供物〈下〉 (講談社文庫)
(2004/04)
中井 英夫

商品詳細を見る
虚無への供物、下巻を読み終わりました。
読む前の期待が大きかったからかもしれません。
思っていたより話しに入り込む事が出来ず、なんとなく結末まで読んでしまった感じです。
とはいえ、読み終わって、やっとアンチミステリの意味が分かった気がしました。
解説にもあるように、虚無への供物は推理小説としての完璧さをあえて拒否しているようです。
奈々村久生をはじめとした素人探偵の推理合戦もその色が強いですし、やたらと暗号、符合を使っています。意味がないものに意味を見出そうとしているとしか思えませんが、推理には本来的にそういった特徴がある気もします。何度も読み返してみたくなる不確かさを持った推理小説というのは珍しいのかな?

著者自身が「反地球での反人間のための物語」といっているそうです。
想像の追いつかない勢いで現実に悲劇的な事件が起きる。
だから必然的に小説には限界がある。
一つに、こういう現実認識が考えられるでしょう。
自分は必ずしもそうは思いませんが、否定も出来ないかな。

読者の悲劇への期待があればこそミステリは成り立つ。だから犯人は読者だ。
その意味でアンチミステリなんだと理解しました。
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

ちょんぺー

Author:ちょんぺー
都内の社会人。
ツイッターはこっち
pixivはこっち

リンクフリー。相互リンクも喜んで受け付けます。
相互リンク詳細
その際はコメント欄にご一報ください。
TBとコメもご自由にどうぞ!可能な限りお返ししますので。
(内容が不適切と判断したものは、予告なく削除いたしますのでご了承ください)



カウンター



月別アーカイブ



カテゴリー



検索フォーム



検索

Google



相互リンク



最近のコメント



最近のトラックバック



アクセス解析



Copyright © サブカル日和vol.2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。