This Archive : 2008年12月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喰霊 -零- 第9話「罪螺旋-つみのらせん-」

2008.12.01 *Mon
前回でてっきり死んだと思っていた黄泉。
重症ながらも死んでいなかったようです。
病院に搬送されて緊急オペ。
WS002713.jpgWS002666.jpgWS002668.jpg
手術によって一命を取り留めた黄泉ですが、受けたダメージは大きいです。
退魔士としてはおろか、日常生活すらままならない身体になってしまいます。
医者には声も一生出せないだろうと宣告されます。
対策室の調査では、冥殺害の嫌疑が黄泉に向けられつつあります。
WS002669.jpgWS002670.jpgWS002671.jpg
既に怪しかった紀之との婚約関係も、今回の事がダメ押しになってしまいます。
紀之は抵抗しますが、家の存続を重視する父は揺るぎません。
紀之の情緒もかなり不安定になっていきます。
WS002672.jpgWS002673.jpgWS002674.jpg
二ヶ月間のこん睡状態にあった黄泉ですが、ついに意識を回復。
喜びに浸るのも早々に、室長の神宮寺は当時の経緯を明らかにしようと質疑を始めます。
黄泉の善意を信じたいであろう神宮寺と二階堂氏。
彼女らの質問に指を叩く事で返事をする黄泉ですが、彼女の指の動きには逡巡もあります。
そこに闖入してきたのが、怒り心頭に発する幽です。
院内で刀を抜くほどの激情状態ですが、神楽が止めに入ったことで逃げるように去る幽。
WS002676.jpgWS002680.jpgWS002681.jpgWS002683.jpgWS002682.jpgWS002684.jpg
以前として不自由な身体の黄泉を神楽が看護します。
紀之は顔を見せていません。
黄泉が紀之を呼んでと伝えても、神楽は気まずい様子です。
黄泉一人の部屋に来たのは紀之の父。
黄泉は紀之との婚約解消を聞かされます。
周囲は次第に黄泉の精神を追い詰めていきます。
WS002685.jpgWS002687.jpgWS002714.jpgWS002689.jpgWS002691.jpgWS002693.jpg
ずっと黄泉の看護を続ける神楽。
自分をないがしろにする黄泉の心情を見破りながらも、黄泉を襲った不幸を嘆き自分達の境遇に悲嘆します。
結局、神楽は黄泉に慰められる恰好に。
姉と妹の関係はここでも変わりがありません。
WS002695.jpgWS002696.jpgWS002697.jpg
一つだけ確かめたいことがあると言う神楽。
それは冥が殺された経緯。
黄泉を信じたい神楽は、対策室の仲間が黄泉を疑っている事に憤りを隠せません。
じかに問いただされた黄泉の表情がこわばります。
それを見て取った神楽は、涙を浮かべながら一旦部屋を出て行ってしまいます。
WS002702.jpgWS002704.jpgWS002705.jpg
一人になった黄泉の元に現れたのが、件の少年。
殺生石の力を黄泉に受け入れさせようと、蠱惑的な誘惑をしていきます。
殺生石が放つ光は、建物の外にいた神楽にも届きます。
異常を察知した神楽は即座に部屋へ舞い戻ります。
しかし、すでに部屋には黄泉の姿はありませんでした。
WS002707.jpgWS002708.jpgWS002709.jpgWS002710.jpgWS002711.jpgWS002712.jpg


いよいよ救いがなくなってきました。
ギリギリで生かされていた黄泉。
殺生石といえど、死者は復活させられないのでしょうか。
でも、冥は復活してたよなあ。
それとも黄泉の精神をとことん弱らせる意図なのかもしれません。
実際、参ってもおかしくない厳しい状況です。
声が出せない上に体が動かせないのって辛いですよね。
状況が込み入ってる場合は特に。
あの精神状態で殺生石を拒否できたら驚嘆に値すると思います。

それにしても、回を重ねるごとに作画の粗が気になってしまいます。
第一話が気合入ってたのでなおさら目に付いてしまいます。
後、無駄なサービスシーンは白けてしまうから止めたほうが良いと思うんだ。

プロフィール

ちょんぺー

Author:ちょんぺー
都内の社会人。
ツイッターはこっち
pixivはこっち

リンクフリー。相互リンクも喜んで受け付けます。
相互リンク詳細
その際はコメント欄にご一報ください。
TBとコメもご自由にどうぞ!可能な限りお返ししますので。
(内容が不適切と判断したものは、予告なく削除いたしますのでご了承ください)



カウンター



月別アーカイブ



カテゴリー



検索フォーム



検索

Google



相互リンク



最近のコメント



最近のトラックバック



アクセス解析



Copyright © サブカル日和vol.2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。