This Archive : 2008年07月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失はれる物語

2008.07.02 *Wed
失はれる物語 (角川文庫)失はれる物語 (角川文庫)
(2006/06)
乙一

商品詳細を見る
乙一氏は好きな作家さんの一人でしたが、この本で自分の中では神になりました。
本で号泣したのは初めてかもしれません。

乙一氏はホラーだけでなく切ないストーリーなど、多彩な作風で知られます。
黒乙一、白乙一などと言われたりします。
本書は白乙一分が大変多いです。
コメディ要素もあったりで、非常に楽しめます。

特に感動したのが「傷」。
映画「KIDS」の原作版ですね。
色々と共感する部分も多く、すぐに引き込まれました。
最後は号泣ですよ。
映画では色々設定とかがいじられているようです。
観ていないんですが、いわゆる食わず嫌いみたいなものです。
原作の印象を大事にしたいので。

乙一氏の登場人物は純粋な人間が多いと思います。
だからこそ、いじめられたり、人との接触を怖がったりするのでしょう。
そこに違和感がないんですね。

友人にも薦めたい一冊です。

テレパシー少女 蘭 第2話 「蘭、走る! ~ねらわれた街~」

2008.07.01 *Tue
超能力少女ものって意外と久しぶりな気がします。
テレパシー少女 蘭。
電波少女じゃなくて良かったです(そんな馬鹿な)。

閑話休題。


転校生、名波翠は彼女が持つ不思議な力で蘭を執拗に挑発する。そして翠に合わせるかのように力を使い始めた蘭だが、この時を境に周りの人の思っていることまでもが聞こえてくるようになる。そんな自分の力に、とまどい悩む蘭…。いつもと違う様子に気付いた留衣は、蘭にやさしい言葉をくれる。一方、翠が転校してきたあたりから、蘭の周りや街で不思議な事件や出来事が次々起こり始めていた――。

公式サイトより

本当にこのままの内容でした。
要約でほとんどカバーされています。
補足するとすれば、ラストに謎の敵っぽいヤツが留衣をさらった、という事ぐらいですね。
「良作は簡潔にまとめれるもの」という事でしょうか。
良作かどうかの判断は、まだ様子見のつもりですけど。

一つ気になるとすれば、留衣の声が……。
アレはあえてなのか?
判断がつきません。

プロフィール

ちょんぺー

Author:ちょんぺー
都内の社会人。
ツイッターはこっち
pixivはこっち

リンクフリー。相互リンクも喜んで受け付けます。
相互リンク詳細
その際はコメント欄にご一報ください。
TBとコメもご自由にどうぞ!可能な限りお返ししますので。
(内容が不適切と判断したものは、予告なく削除いたしますのでご了承ください)



カウンター



月別アーカイブ



カテゴリー



検索フォーム



検索

Google



相互リンク



最近のコメント



最近のトラックバック



アクセス解析



Copyright © サブカル日和vol.2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。