スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失はれる物語

2008.07.02 *Wed
失はれる物語 (角川文庫)失はれる物語 (角川文庫)
(2006/06)
乙一

商品詳細を見る
乙一氏は好きな作家さんの一人でしたが、この本で自分の中では神になりました。
本で号泣したのは初めてかもしれません。

乙一氏はホラーだけでなく切ないストーリーなど、多彩な作風で知られます。
黒乙一、白乙一などと言われたりします。
本書は白乙一分が大変多いです。
コメディ要素もあったりで、非常に楽しめます。

特に感動したのが「傷」。
映画「KIDS」の原作版ですね。
色々と共感する部分も多く、すぐに引き込まれました。
最後は号泣ですよ。
映画では色々設定とかがいじられているようです。
観ていないんですが、いわゆる食わず嫌いみたいなものです。
原作の印象を大事にしたいので。

乙一氏の登場人物は純粋な人間が多いと思います。
だからこそ、いじめられたり、人との接触を怖がったりするのでしょう。
そこに違和感がないんですね。

友人にも薦めたい一冊です。
http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/861-2368f6be
スポンサーサイト

COMMENT

公式プラグインにしてくださったので、スムーズに記事が探せました。ありがとうございます。
いくつか映画化されていますけど、同じくイメージ崩れが怖くて見ていません。

トラックバックさせていただきました。
2009/08/15(土) 15:25:57 | URL | 藍色 #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

目覚めると、交通事故で全身不随のうえ音も視覚も、五感の全てを奪われていた私。 残ったのは右腕の皮膚感覚のみ。 ピアニストの妻はその腕...
2009/08/15(土) 15:22:22 | 粋な提案 [Del

プロフィール

ちょんぺー

Author:ちょんぺー
都内の社会人。
ツイッターはこっち
pixivはこっち

リンクフリー。相互リンクも喜んで受け付けます。
相互リンク詳細
その際はコメント欄にご一報ください。
TBとコメもご自由にどうぞ!可能な限りお返ししますので。
(内容が不適切と判断したものは、予告なく削除いたしますのでご了承ください)



カウンター



月別アーカイブ



カテゴリー



検索フォーム



検索

Google



相互リンク



最近のコメント



最近のトラックバック



アクセス解析



Copyright © サブカル日和vol.2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。